The Day

outdoor pro Blog 山とスキーに魅せられて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クモイリンドウ (雲井竜胆) 

R0013167.jpg
2010.08.02に白雲岳避難小屋の脇で撮影

クモイリンドウ エゾトウヤクリンドウ リンドウ科

表大雪の高山礫地に生える多年草です。
クモイリンドウの「クモイ」は、雲井(居)で、高山を意味します。

この花は別名を「エゾトウヤクリンドウ」ともいい、本州に生息する「トウヤクリンドウ」と似ています。「クモイリンドウ」の方が丈が低く、また花も大きいそう。大雪山が誇る花の一品です。




と・・急に高山植物に詳しくなった訳では、ありません。インターネットで少し調べました。

はじめ、この花を見た時は、「おお!!見たことが無い花を発見!!」んん??でも、まだ花びらが咲いていないな。。

と、写真を撮る事さえしなかった、始末・・・

横から見ると、この様な感じですから。。

R0013166.jpg

中途半端にしか咲いてない花なのに、立派なカメラを持った、「ヤマダム」の人気の被写体になっています。
※注1「ヤマダム」=中高年のおばちゃん登山者。僕は、勝手にこう呼んでいます。

「それ・・咲いているのですか??」

何、馬鹿な事を言ってるの??(という目線で・・)「咲いてるわよ・・・」

かなり稀少で、大雪山系でも珍しく「クモイリンドウ」を見る為だけに登ってこられる、登山者の方もおられるそうです。

そう言われて見ると、高貴な雰囲気が漂っているな・・・・と、単細胞ぶりを発揮して「ヤマダム」に負けじと、シャッターを押し続けました。。

R0013162.jpg

どうですか??高貴なお花でしょ??
関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://konayukimania.blog47.fc2.com/tb.php/200-ba66b055
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。