The Day

outdoor pro Blog 山とスキーに魅せられて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィクション or ノンフィクション

山に雪が積もる気配もなく、12月を迎えようとしています。

山に行くにも、なんか中途半端な時期なので、本を読んだり音楽を聴いたりと
それはそれで、充実した日々を送っています。

今日は、最近読んだ本を2冊

白銀ジャック」東野圭吾

この本は、本屋さんでも平積みされていて、知ってる人も多いと思います。
スキー場を舞台にした、エンターテイメント作品。個人的には、可も不可もなく、という感じの作品でした。

東野圭吾さんの「白夜行」とか「手紙」などなど大好きな作品は沢山ありますが、少し期待外れでした。

もう1冊は コレ



一言で言うと・・「リアル。」
神よ、晴れてくれ! そんな願いもむなしく、山頂を目前に悲劇の幕は切って落とされた。
1982年5月、中国の高峰・ミニヤコンカ(7556m)登山中に悪天候に阻まれて遭難した筆者が、19日間におよぶ苦闘の末に奇跡の生還を果たすまでを描いた感動の手記。
極度の飢え、思うように動かなせない凍傷の手足、そして仲間の死……。
ズタズタに傷ついた肉体を引きずりながら孤独の下山を続け、絶望の峰から生きて帰った松田宏也の、究極のサバイバル・ドキュメント。

少し、山の知識がないと ???が多い作品だとは思いますが、久しぶりに良い文庫本に出会えました。

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://konayukimania.blog47.fc2.com/tb.php/257-ea7fec50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。