The Day

outdoor pro Blog 山とスキーに魅せられて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏銀座 山歩 vol.3

ふぅーーーやっと一段落。
最新機器の設定に手こずりましたが、無事に終了。

 鏡平小屋まで歩みをすすめます。
sugorokudake kagamidairahe-1
 ※奥に見えるのは、抜戸岳??不確か・・・クリックで拡大

 北海道で生活していると、北アルプスに来るのは一大行事。それなのになぜ??穂高や槍、白馬などなど人気エリアをはずし「双六岳」という、渋い選択をしたかというと「死んだ爺ちゃんが好きだったから。」爺ちゃんが好きだった景色を見てみたい。これ長年の夢だったわけで、半ば強引に目的地は「双六岳」と、決定した訳であります。

sugorokudake kagamidairakoya ike-1
※鏡平小屋 クリックで拡大されます。
 
 鏡平小屋までは、気力・体力・天候共に完璧。小屋の周りの木々の色づきも奇麗です。ここまでで、今日の行程の半分に行くかいかない位、少し増え始めた雲が気になりますが、鏡平からの景色が見れたので満足です。

sugorokudake yumiorenoboriyuki-1
※弓折分岐までの登り  クリックで画像拡大

 鏡平から弓折分岐までキバって登る。すれ違うオッチャンが「ここが気張り時やで!!ガンバッて。」
と気さくに声をかけてくれる。それにしても、北アルプスは人が多い。いつもは、人よりも動物とすれ違い回数の方が多いのに、さすがです。

sugorokudakekagamidairakannban-1.jpg
※笠ヶ岳と双六岳の分岐   クリックで拡大

駆け足で振り返って来ましたが、もう少しで双六小屋です。    つづく





関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://konayukimania.blog47.fc2.com/tb.php/577-4aba69bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。