The Day

outdoor pro Blog 山とスキーに魅せられて・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最大酸素摂取量

最大酸素摂取量=Vo2maxとは、

「単位時間当たりに組織が酸素を取り込む最大の量」のことで、この値が大きいほど「全身持久力が優れている」と評価されます。


最近、ジムで「最大酸素摂取量」を測定しました。
まぁ簡単にいうと体力を数値に置き換えたもので、数値が高いほど体力があるという事です。
トップアスリートだと、「80」近くあるみたいです。

ちなみに僕は、「71」・・・トップアスリートには、届きませんでした。。
もう少し、トレーニングが必要ですね。

ジムで、簡単に測定出来るので、ぜひ計って見て下さい。
下の表を参考にすると分かり易いですよ♪

自転車エルゴメータによる最大酸素摂取量の評価基準表
(ml/kg/min)
男性
年齢      低い    やや低い     標準       高い      かなり高い
20 - 29    26以下 27 - 36    37 - 47    48 - 57   58以上
30 - 39    24    25 - 33    34 - 43    44 - 52   53
40 - 49    22    23 - 30    31 - 39    40 - 47   48
50 - 59    20    21 - 27    28 - 35    36 - 42   43
60 - 69    18    19 - 24    25 - 31    32 - 37   38
70 - 79    16    17 - 21    22 - 27    28 - 32   33
  
女性
年齢      低い    やや低い    標準      高い     かなり高い
20 - 29    27以下 28 - 33   34 - 39   40 - 45     46以上
30 - 39    24    25 - 30   31 - 37     38 - 43     44
40 - 49    20    21 - 27   28 - 34   35 - 41     42
50 - 59    17    18 - 24   25 - 32   33 - 39     40
60 - 69    13    14 - 21   22 - 29   30 - 37     38
70 - 79    10    11 - 18   19 - 27  28 - 35     36
・厚生省保健医療局健康増進課健康増進 関連ビジネス指導室(編):
改訂・健康増進施設認定の手引、中央法規、1993、一部改変

関連記事

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://konayukimania.blog47.fc2.com/tb.php/62-c0ba2cc3
ダイエットの秘訣
私、特に立派な人間ではありませんが、健康だけには自信があります。 特にダイエットは5年かけて90キロから78キロまで戻すことに成功し、体脂肪も23から15へと 落とすことができました。 たいした数字にみえないかもしれませんが、おかげ様で50代にして、ボデイスキャ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。